本気で痩せるダイエットブログ

夏までに美しく痩せる

夏の海

あと数か月すれば夏がやってきます。

薄着になったり、時には水着を着たりと、ボディラインを見せるシーンが増えてきます。

間もなく5月ですので、夏までには痩せたいと焦っている人もいるのではないでしょうか。

本来、ダイエットは長い目で見て取り組んでいくべきものですが、あと2~3か月で美しく痩せるためにできることもあります。

その先も見据えながら、まずは夏までにできることを考えてみましょう。

ただ体重を落とすだけでは美しくならない

非常にシンプルに考えれば、栄養を摂らないようにすれば体は痩せていきます。

しかし、それは非常に危険なことでもあり、かつ必要な筋肉を落としてしまう可能性が高いので、決して人に見せて美しく見えるボディラインにはなりません。

一気に痩せようと思うあまり、極端に炭水化物や糖質を制限したり、薬を飲んで強制的に栄養を抑えようとすると、必ず弊害が出てきますので、素人判断でそうした取り組みをするのはやめましょう。

筋トレはマッチョになるためだけではない

まず、基本的なこととして、筋肉をつけることで基礎代謝があがり、かつ美しい身体になっていきます。

筋トレをするとムキムキになってしまいそうだと勘違いする人もいるようですが、高い負荷をかけて行う筋トレをよほどしっかりやらない限り、ムキムキにはなりません。

もし日常的に運動不足だなと感じる方は、器具を使わずにまずは自分の体重だけでできる筋トレから初めて見てください。

そして、基礎代謝をアップして、痩せやすい体質をつくっていきましょう。

同じ体重であっても、筋肉量が多い人の方が美しいボディラインになります。

食事がとても大切

ダイエットのためには、特に食事の管理がとても重要です。

極端に制限するのではなく、炭水化物や糖質を適度に抑えましょう。

また、カロリー計算をする場合は、目標体重を設定して、摂取量と消費カロリーの差を算出します。

体重を1キロ減らすために減らすべきカロリーは約7000kcalと言われていますので、たとえば2か月(60日)で5キロの減量をしたい場合は、

減らすべきエネルギー量 7000kcal × 5kcal = 35000kcal

1日当りに換算すると 35000 ÷ 60日 = 583kcal/日

となります。

1日の代謝エネルギーが2500kcalの場合、

2500kcal – 583kcal = 1917kcal

となるので、1917kcal が一日平均摂取できるエネルギー量となります。

これを目安に、もっと運動量を増やすのか、食事を管理するのかを考えていきます。

その際、単にエネルギー量だけを見るのではなく、栄養のバランスもきちんと考えて食事をとるようにしましょう。

減量しすぎは危険

一か月の減量目標は、一般的には体重の5%程度を上限とした方がいいと言われています。

それ以上は身体に負担がかかり過ぎ、体調を崩したりしてしまう恐れがあります。

例えば体重60kgの人であれば、一か月あたりの減量は3kg程度に抑えて、それ以上のペースになりすぎないように注意してください。

これはあくまで目安ですので、詳しくは医師や専門家の指導を仰いだ方が安心です。

夏が過ぎてもリバウンドしないために

毎年のようにダイエット、ダイエットと言って、体重の増減を繰り返す人がいますが、決して身体にいいことではありません。

せっかく美しく痩せたのであれば、それを維持してさらに美しくなっていけるよう、食事の管理、適度な運動、睡眠などをきちんと習慣化していってください。

ダイエットのために無理をしすぎると、後でリバウンドをしたり体調を崩したりすることになります。

制限が多く、ストレスが多いダイエット方法をとる場合は、その先のこともきちんと視野に入れながら取り組む必要があります。

一年を通して健康を維持できるよう、しっかりとダイエットに取り組んでいきましょう。



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です