本気で痩せるダイエットブログ

有酸素運動で痩せる

ランニング三十を過ぎた頃、私の体重は学生の頃から見て15キロ以上は増えていました。

もともと陸上競技で長距離をやっていたので痩せていたということもあるのですが、それにしても久しぶりに人と会うと、太ったね~と言われるようになりました。

会話のネタにしつつ、やっぱり痩せたいなと思っていました。

 

仕事が忙しいということを言い訳に、日常的にはほとんど運動はしていませんでした。

ただ、年に数回、お遊びで駅伝に参加する程度で、その直前に数回走っているというくらいなので、もちろんそれで痩せるわけはありません。

 

危機感にあおられたこともあり、ランニングをすることにしました。

ただ、目標がないとなかなか継続できないので、短い距離のマラソン大会に申し込みをして、そこへ向けての練習というモチベーションを設定しました。

走るのは嫌いではなかったので、まずは徒歩に毛が生えた程度の速度で2、3キロ走ることから初めて、週に何度か走り、やがてきちんと走れるようになってくると、走ること自体が楽しくなってきました。

そして、調子に乗った結果、膝を故障してしばらく走ることができなくなりました。

幸いだったのは、ここでモチベーションが落ちなかったことです。

治ってからは無理せず、違和感があるときには走らず、少しずつ時間を増やしていきました。

 

通勤途中で走ったり、夜中に走ったりと、結局、忙しいということは言い訳に過ぎなかったことを痛感しました。

 

走ることを習慣化した結果、一年で体重は10キロ近く落ちました。

有酸素運動は、やはり習慣化して継続することが大切だということを、身をもって知りました。

 

走ることは、減量だけでなく精神的にもよい効果をもたらす気がします。

時間をそこに割いているにも拘わらず、日々の仕事の効率はアップしていきました。

 

最近は走ることをサボっているのでまた体重がだいぶん増えました。

そろそろ走らなくてはいけないな~と思いながらこの記事を書いた次第です。



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です