本気で痩せるダイエットブログ

踏み台昇降でシンプルダイエット

学校の体力測定で、踏み台を上がったり下りたりする回数を測定したことがありますが、踏み台昇降はまさにその運動です。

ダイエット向けのエクササイズとして行う場合は、階段または15~30cmの台を用意して行います。

もし心拍数計があるなら、運動時の心拍数を図りながら行うのが理想的です。

運動時間は10~30分を目安に行います。

 

心拍数計がある場合は、まず事前に安静時の心拍数を計測し、続いて運動中の目標心拍数を計算します。

計算式は、

(220-年齢) – 安静時心拍数 × 0.5 ~0.85 + 安静時心拍数

となります。

※カルボーネン法による

※係数は最大酸素摂取量により異なる

 

例えば、安静時心拍数が65で年齢40歳の場合、

(220 – 40) – 65 × 0.5 ~ 0.85 + 65

となりますので、178~190程度が目標心拍数となります。

 

心拍数計がない場合は、軽く息が上がる程度で、人と話ができるくらいのペースというのを意識してみてください。

 

消費エネルギーの目安は、60kgの人が30分間、踏み台昇降を行った際は162kcalとなります。

また、踏み台昇降は単に有酸素運動というだけでなく、太ももやお尻周りの筋肉、さらには腹筋、背筋を鍛えることにもなりますので、結果として基礎代謝もアップして痩せやすい体質になります。

 

踏み台昇降は自宅でも手軽にできるエクササイズです

踏み台は専用のものを買っても構いませんし、自作しても構いません。

自作する場合は、台が滑って怪我をしないよう滑り止めをつけるなどして工夫してみてください。

エクササイズ中は汗をかきますので、途中で水分補給をするなどして脱水症状にならないよう気をつけましょう。

特に、はじめから張り切りすぎると体を痛めて継続できなくなる恐れもありますので、体がキツイと感じたら無理をせずに、自分のペースで徐々に慣れていくようにしてください。



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です