本気で痩せるダイエットブログ

リバウンドすると痩せにくくなる

ダイエット経験者の6割が経験するというリバウンド。
せっかく減った体重がまた元に戻ったり、むしろ元以上に増えてしまったりする現象のことですが、実はリバウンドを繰り返すと痩せにくい体質になってしまうとのこと!
ダイエットをするのであれば、リバウンドのメカニズムをきちんと知って、長期的に維持できるダイエットをする必要があります。

 

私も取り組んだ食事制限ですが、初期の段階では結構面白いように体重が減っていったりします。

ただ、ある時期まで来ると、停滞期がやってきます。

ホメオスタシス(生体恒常性)と呼ばれる体の調整機能が働くためで、食事を制限していると、少ないエネルギーでも体を維持できるように体がエネルギー消費量を調整するようになります。

その結果、体重が減らなくなるわけです。

もしこの時期に食事制限をやめても、エネルギー消費量は下がったままたなので、以前と同じ量を食べても太ってしまうようになります。

 

また、ダイエット中は肥満の抑制や体重増加を制限する役割を果たすレプチンの分泌量が減少します。

このことにより、食事に対する満腹感が得られなくなって、以前よりも食べ過ぎてしまうこともあります。

レプチンの量は、食事制限を解除しても適正量に戻るまでに1か月程度かかるそうです。

 

リバウンドしないためには、急激なダイエットを避けることと、停滞期に入っても目標達成まで取り組みを維持すること、それから食事制限解除後も急激に食べすぎないように注意して体重を維持することなどを心がけるようにしましょう。



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です