本気で痩せるダイエットブログ

花見でのお酒との付き合い方

花見

もうすぐお花見の季節ですが、ダイエットをしていて気になるのは花見の時の酒やつまみです。

お付き合いということもありますし、楽しくて飲み過ぎてしまうこともあります。

以前もダイエット中のお酒を飲むときの注意点を書きましたが、あらためて確認しておきましょう。

 

まず、飲む前に少しでも何かをお腹に入れておきましょう。

空腹時に糖質の高いビールなどを飲むと血糖値が急激の上昇し、そのあとにまた急落すると強い空腹感が訪れます。

これが暴飲暴食の引き金となる可能性があります。

豆乳や牛乳、ヨーグルト、あるいは野菜ジュースを飲んでおくだけでも違いが出ますので、空腹でいきなりお酒を飲むことを避けましょう。

 

また、一杯目はビールという人が多いのですが、実はこれはあまり体にはよくありません。

糖質によって血糖値が高くなることに加え、冷えたビールで体が冷えてしまうと代謝が落ちてしまいます。

体脂肪が燃焼しずらくなり、消化も悪くなっていきますので、特に冷たい飲み物は飲み過ぎに注意しましょう。

また、柑橘類系のサワーで、特に生絞りのものは、代謝を上げてくれるのでおすすめです。

熱燗やお湯割りなどの暖かいお酒の方も、身体を温めるのに役立ちます。

いずれにしても、あまり飲み過ぎないように気を付けながら、アルコールを摂るときには、水などの水分を多くとるようにして、アルコールを排出するように心がけましょう。

 

 

おつまみは、炭水化物や高脂質のものをなるべく避けた方が無難です。

枝豆や焼き鳥、野菜類、海藻類などがあればそれらを食べるようにしたいところです。

避けたいのは締めの炭水化物ですが、みんなで食べようとなるとこれもまた断れなかったりします。

そして美味しかったりもします。

 

色々ありますが、花見になると、どうしても飲み過ぎ、食べ過ぎになってしまうことが多くなります。

過剰に採ってしまったカロリーは、翌日の食事で調整するようにして、体調管理もしっかりとしていきましょう。

 



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です