本気で痩せるダイエットブログ

朝食を食べないと太りやすくなる?

朝食

朝ご飯を食べないでいると太りやすくなると言われていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

朝食を食べないと太るとされる根拠は、例えば朝ご飯を食べると代謝がアップするのですが、それがないと代謝が下がって太りやすくなるというものです。

しかし、調べてみるとそれほど根拠のあるものではないようです。

また、1日3食がいいのか、6食がいいのかといったことについても、摂取カロリーが同じであれば代謝量に影響はないという研究結果が発表されています。

実はポイントは朝に食べることではなく、規則正しい生活をすることにあるようで、今までの生活習慣を変えるということで代謝の増減が見られるようになります。

ただし、これは人によってそれぞれなので、朝食を食べたからいいということではなく、結局、バランスのよい食事を決まったリズムで食べるということが大切です。

良くないのは、無理に食べなくてはいけないというストレスであったり、自分の生活リズムに合っていない食事のとり方をしてしまい、結局継続できないという問題です。

そうなると、ストレスでドカ食いをしてしまったり、甘いものを大量に食べてしまうことになります。

色々なダイエット方法の仕組みを学ぶことで、その中から自分に合った方法を組み合わせて、自分にとって何がベストなスタイルなのかを模索していきましょう。

このブログはそうした意味での情報提供をできるようダイエットに関する情報を発信してまいります。



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です