本気で痩せるダイエットブログ

白身魚も青魚もダイエットにいい!

白身

以前、青魚がダイエットにいいということを紹介しました。

エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれていることがその理由です。

もちろん白身魚にもこれらの栄養素は含まれていますので、魚全般を積極的に食べるという考え方でいいと思います。

特に白身魚は、青魚、赤魚に比べてカロリーが低い傾向にあり、タンパク質も豊富なので、摂取カロリーを抑えたいときの食事に向いています。

食感がパサパサすることもありますが、調理法によって美味しい食べ方がたくさんありますので調べてみてください。

主な白身魚は鯛(タイ)、鱧(ハモ)、鮃(ヒラメ)、鰈(カレイ)、鱒(マス)などで、河豚(フグ)や鰻(ウナギ)、アナゴも白身魚です。

また、鮭(シャケ)は赤身に見えますが、実際は白身魚に分類される魚です。

鮭の赤い色はアスタキサンチンという天然色素で、肉体疲労回復や眼精疲労の回復、スキンケア、生活習慣病の予防など様々な効果をもたらすものとして知られています。

魚屋さんでもスーパーでも、多くの魚が並んでいますので、今日はどんな魚を食べようかと選ぶときには、それが青魚なのか白身魚なのか、あるいは赤身魚なのかを考えながら眺めてみると、さらにバランスのよい食生活になっていくのではないでしょうか。

魚を食べて、美味しく、楽しく、ダイエットをしていきましょう!

 



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です