本気で痩せるダイエットブログ

水ダイエットとは

水

毎日水を飲むことでダイエット効果があるというのは知っていますか?

人間の身体は、成人男性で約60%、成人女性で約55%が水です。
例えば体重60kgの男性であれば、36リットルの水分が体内にあるということです。

水ダイエットは、水を適切に摂取することで、ダイエット効果を得ようとするものです。
ここではそのメカニズムをご紹介します。

水ダイエットの効果

水ダイエットの主な効果は次の通りです。

・基礎代謝のアップ
・食欲を抑える
・便秘改善
・美肌効果

基礎代謝アップ
水を飲むと体温は一時的に下がります。
そうすると、身体は下がった体温を元に戻そうとしてエネルギーを消費します。
このことによって基礎代謝がアップすることになります。

また、基礎代謝が上がることで体温もアップしていきます。
体温が1℃上昇すると、基礎代謝は12%上昇するとされているので、結果として痩せやすい体質になっていきます。

一般的に、体温が高い方が免疫力が高いと言われ、健康を維持していくことにも繋がります。

食欲を抑える
水を飲むことで胃液が薄まり、一時的な満腹感を得ることができます。
このことによって食べ過ぎを抑えます。

便秘改善
水を飲むことで便を柔らかくして便通を良くします。
特に女性の場合は、男性よりも体内の水分が少ないので、便秘になりやすくなっています。

また、水を摂取することで、尿や汗と一緒に老廃物を体外へ排出するデトックス効果も高まります。
老廃物が体内に溜まってしまうと、免疫力や代謝が低下するだけでなく、肥満やむくみの原因などにも繋がります。

水の飲み方

一日に必要な水の量は体重の4%です。
つまり体重50kgの人の場合は2リットル、60kgの人は2.4リットルとなります。

飲む水の種類は好みによって好きなものを飲めば大丈夫です。
私は気にしていませんが、水道水は飲まない方がいいという意見もありますので、判断は各々でしてください。

摂取の仕方の注意点は次の通りです。

・一度にまとめて飲まずに、一日に何度も分けて飲む
・冷たすぎる水はNG
・お茶やコーヒーなどで代用しない

一日の食事から摂取する水分量もありますが、概ね毎日2リットルの水を飲むことを考えて、ペース配分してみてください。
コップ1杯200mlとすると10杯ですので、例えば、起床時、午前中2杯、昼食時、午後2杯、夕食時、入浴前、入浴後、就寝前で合計10杯といったイメージです。

また、水以外で代替した場合、その成分を分解するために身体に負荷がかかったり、カフェインの影響を受けたりすることもあるので、可能な限り水を飲むようにした方が効果が高まります。

私はデスクワークなので、机の上にコップを置いて常に水を入れ、こまめに飲むようにしています。
元々あまり水分を摂らない方だったので、最初は意識して飲まないと一日2リットルの摂取はできませんでした。

しかし、ダイエット法の中ではとても簡単に取り組みやすく、習慣化もしやすいのでリバウンド防止にもなります。

水を飲めばすぐに減量できるという方法ではありませんが、健康維持の観点からも水分の補給はとても大切ですので、長期的な観点で取り組んでみてください。

 



1 Comment

  1. Pingback: ダイエットには硬水と軟水どちらがいい? | 本気で痩せるダイエットブログ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です