本気で痩せるダイエットブログ

ヨーグルトプチ断食ダイエット

ヨーグルト

人間の身体が脂肪を蓄えようとするのは、歴史的に現代のように飽食でなかった時代、食べ物がない時に備えて余分なエネルギーを脂肪として蓄えたことによるものです。

しかし、昨今のように常に栄養が満たされ、過度にエネルギーを摂取してしまうようになると、慢性的に脂肪が蓄積され、生活習慣病に繋がるようになってしまいました。

プチ断食とは、こうして常に働き過ぎている腸を休ませ、体の機能を整えるものです。

一般的に胃腸は48時間で空になりますが、ヨーグルトプチ断食ではこの間、ヨーグルトと水だけを摂取して体に溜まっている毒素を排出します。

ヨーグルトは、その乳酸菌やビフィズス菌によって、腸内の悪玉菌を減少させ、善玉菌優位に整えていきます。

また、ヨーグルトのたんぱく質やミネラルによって、筋肉を落とすことなく脂肪燃焼を促進することもできます。

さらに、ヨーグルトは租借することで空腹のストレスも軽減することができるので、2日間のプチ断食も精神的に楽に行うことができます。

断食中には、ヨーグルトとは別に、代謝を促すために無糖の炭酸水を1日2リットル程度摂取しましょう。

なお、お酒・たばこも断食前日から終了まで控えるようにしましょう。

具体的な進め方の例

事前に準備するもの:ヨーグルト500g、豆乳または野菜汁100%の野菜ジュース2リットル、無糖炭酸水4リットル、(レモン汁適量)

断食前日:夕食は軽めの和食とする

1日目:ヨーグルト100gと豆乳または野菜ジュース200~400mlを、朝、昼、晩と3回摂取。別途に、1日で1.5~2リットルの炭酸水を1回300mlずつ分けて飲む。炭酸水にレモン汁を区会えるとさらに脂肪燃焼効果が向上する。

2日目:1日目の同じメニューを朝、昼と摂取する。晩は、茶碗1杯のおかゆと、具なし味噌汁を食べる。おかゆは原則味付けはしない。

3日目:朝は2日目の晩と同じくおかゆと味噌汁とする。昼からは通常の食事に戻す。

 

プチ断食をすることによって、ドカ食いや食いだめをすることがなくなったという経験談もあり、食生活の改善によってダイエット効果を期待することができます。

また、ヨーグルトプチ断食は月1回程度を目安に毎月行うことで、身体本来の機能を取り戻すことに繋がるとされています。



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です