本気で痩せるダイエットブログ

ダイエット時のお酒との付き合い方

飲み会

アルコールが高カロリーなのは多くの人が知っていることですが、アルコールのカロリーは人間の体に蓄えられないエンプティーカロリーだから大丈夫という人がいます。

しかし、それは間違いです。

実際、アルコールは高カロリーで、体の中にエネルギーとして吸収される場合、アルコールのカロリーが、他からのカロリーより優先して消費されるので、一緒に食べて消費されずに残ったものは脂肪になっていきます。

また、つまみ等を食べずに酒だけを飲んでも、アルコールを分解する過程で肝臓に中性脂肪が増えていきます。

エンプティーカロリーというのは、カロリーはあるけれど栄養はほとんどないという意味です。

それでも、やっぱりお付き合いもあり、お酒をゼロにすることは難しいですし、禁酒したストレスで体調を崩したら本末転倒です。

お酒の中にもカロリーの高いものと低いものがありますが、一日200kcal以下には抑えたいところです。

お酒のカロリー
生ビール(大ビン1本) 250kcal 生ビール(中ジョッキ) 200kcal
焼酎(コップ1杯)250kcal 250kcal 日本酒(とっくり1本 コップ1杯) 200kcal
紹興酒(1合 180ml) 200kcal ワイン(120ml) 100kcal
ウイスキー(シングル 30ml) 75kcal ブランデー(シングル 30cc) 75kcal
バーボン(シングル 30cc) 65kcal サワー 140kcal

 

ビール、日本酒などはカロリーが高めなのに対して、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は低めになります。

カクテルや酎ハイはジュースとほぼ同等のカロリーなので高めです。

 

できればカロリー低めの蒸留酒を、水と一緒に飲みたいところです。

アルコール分の代謝・排出にはたくさんの水が必要ですので、水分が足りないの二日酔いやむくみの原因になるようです。

また、酒を飲むときには、糖質やアルコールの分解を助けるたんぱく質(枝豆、豆腐など)を摂りましょう。

 

いくらカロリーが低いお酒といっても、飲みすぎては同じことです。

また、夜遅い時間帯につまみをたくさん食べたり、締めのラーメンを食べたりというのは、ダイエットにはご法度です。

ちなみに私の場合は、どうしてもつきあいで食べざるを得なかったというときには、翌日の食事を抑えて調節するようにしています。



3 Comments

  1. Pingback: 低炭水化物ダイエット中のおススメ外食メニュー | 本気で痩せるダイエットブログ

  2. Pingback: 花見でのお酒との付き合い方 | 本気で痩せるダイエットブログ

  3. Pingback: ダイエット中に焼き鳥を食べるなら | 本気で痩せるダイエットブログ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です