本気で痩せるダイエットブログ

ダイエットと色の関係

カラーバリエーション

色が体に与える影響は少なくありません。

実際、カラーセラピーという施術もありますし、色を有効に使うことでダイエットの効果を高めることができます。

シンプルな考え方で取り組むことができますので、ダイエットをしている方もそうでない方も、ご一読いただけましたら幸いです。

食欲を抑える色

寒色系の色は食欲を減衰させると言われています。

お料理を美味しく見せるのは暖色系なので、一般的に食卓周りは橙色や黄色を使った方がいいのですが、ダイエットで食事を抑えたい時には、あえて青いテーブルクロスを敷いてみてください。ランチョンマットを寒色系にしてもいいかもしれません。

また、以前の記事で、ストレスも食欲を促進してしまうことを書きましたが、青色は心を落ち着かせてストレスを軽減する効果もあります。

注意点としては、特に黄緑色や紫色は食べ物を不味く感じさせてしまうので、家族と一緒の時には、他の人が不快にならないよう気を付けましょう。

 

脂肪燃焼を促進する色

一方で、運動などをして脂肪燃焼を促進したいときには、赤などの暖色系の色がお勧めです。

赤い色はアドレナリンを分泌させ、やる気を増幅させます。

運動するときには、赤いウェアを身に着けたり、赤いタオルなどを使うようにしてみてください。

注意しなくてはいけないのは、赤色は食欲も促進する可能性がありますので、運動しているときとそうでないときで色の切り替えができるようにしましょう。

代わりたいと思うときに黒は不向き

ダイエットをするということは、少なくとも何かしらの変革を求めての行動になります。

黒色は、変化を求めないときの色になりますので、ダイエット中には不向きの色ということになります。

現状維持をしたいと思えるときになるまで黒色は少々控えめにして、ダイエット効果が高まる色合いを身の回りのものにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

カラーコーディネートを楽しみながら、ダイエット効果を高めていきましょう!

 



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です