本気で痩せるダイエットブログ

肥大化した脂肪細胞の危険性

腹の脂肪

以前、肥満のリスクにも書きましたが、肥満になると生活習慣病のリスクが高まり、心臓病等のリスクが高まることが知られています。

特に、皮下脂肪よりも内臓脂肪が危険だと言われ、身体が脂肪をため込むと、脂肪細胞が肥大化して体に様々な悪影響を及ぼすことがわかってきています。

 

例えば、大きくなった脂肪細胞が分泌するTFT-αは、インスリンの働きを妨げ、糖尿病のリスクを高めます。

また、肝臓と脂肪細胞から分泌されるアンジオテンシノーゲンは、血圧上昇効果があり、脂肪細胞が肥大化するとアンジオテンシノーゲンが増加して血圧が上がりやすくなっていきます。

さらに、肥大化した脂肪細胞からはPAI-1(プラスミノーゲン活性化抑制因子)が分泌され、血液をサラサラにする働きを抑制して血液がドロドロになります。

一方、脂肪細胞が大きくなると、脳に満腹を伝えて食欲を抑制するレプチンの分泌が鈍くなり、その結果、過食を招きやすくなります。

加えて、脂肪細胞が分泌するアディポネクチンという物質は、近年の研究でメタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化などの抑制やがん予防などに効果を発揮することが分かってきていますが、脂肪細胞が肥大化するとアディポネクチンの分泌が減少します。

 

ここに記載したほかにも、肥満は様々な面で健康リスクを高めてしまうため、中長期的な視点で肥満にならない体質と生活習慣を維持していくことがとても大切だと言えます。

ダイエットについては、偏った取り組みをするのではなく、様々なダイエットの知識を学んでそのメカニズムを知り、自分の体質と習慣に合った取り組みをしていく必要があります。



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です