本気で痩せるダイエットブログ

痩せる腸内細菌って何?

ヨーグルト

「食べても太らないんです」という人の話を聞いて、羨ましいなと思ったことはありませんか。

実は太りにくい理由の一つが腸内細菌だということが、色々な研究からわかってきたということで、腸内細菌に関する情報を集めてみました。

腸内細菌とは

人の腸内には、乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌など500~1000種類の細菌がいます。

この腸内細菌の9割は、大きく分けてバクテロイデス類ファーミキューテス類に分けることができ、肥満の人ほどバクテロイデスが少なく、ファーミキューテスが多くなっています。

通常は、バクテロイデス:ファーミキューテスの比率が6:4の割合になっていますが、後者が増えてくると太りやすくなる傾向が見られるようです。

バクテロイデスは、血中の脂肪が脂肪細胞に取り込まれるのを阻害したり、脂肪を燃焼させたりする働きがあります。

一方、ファーミキューテスは食べ物を分解しやすくする働きをします。それだけ聞くと良さそうなのですが、実際には栄養の吸収が高まってに太りやすい体質になります。

つまり、わかりやすく言うと、痩せやすい腸内環境にするためには、バクテロイデスを増やしながら腸内環境を整えればいいということになります。

腸内細菌を整えるには

腸内にバクテロイデスを増やすには、食べ過ぎを抑えること、高脂肪食を控えること、それからストレスを避けることなどが大切です。

また、バクテロイデスを増やしてくれる食材を積極的に摂ることでも腸内環境を整えることができます。

具体的には、オリゴ糖、食物繊維、乳酸菌、酵母菌、こうじ菌、納豆菌などを摂るとよいとされます。

特に酵素を含むものとして、ヨーグルト、味噌、納豆、チーズなどは積極的に採りたい食材です。

なお、低炭水化物ダイエットを行っている人への注意点として(私も取り組んでいますが)、炭水化物を制限することによって腸内細菌が減って太りやすい体質になってしまうという試験結果もあるようです。

適度に炭水化物を抑えるのはいいのですが、過剰にやり過ぎないように、無理なく継続できる食生活を心がけていきましょう。



1 Comment

  1. Pingback: スキムミルクヨーグルトで痩せやすい身体を作る | 本気で痩せるダイエットブログ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です